Ayaのまいにちこそだて

3歳と1歳の子育て中。子育て情報を中心に、いいと思ったこと、面白いと思った情報を気ままに更新するブログ。

3歳の息子がハマる「シンカリオン」がかっこいい!おすすめポイントとおもちゃの紹介

f:id:ayaa2811:20171103000338j:plain

 画像:タカラトミー公式通販サイト「タカラトミーモール」より引用

 

こんにちは!3歳の男の子と1歳の女の子の子育て中の主婦、Ayaです。

小鉄の道を歩み始めている、先月3歳の誕生日迎えた息子。

 

新幹線が大好きでいつも新幹線の絵本を読んでいるわけですが。

そんな息子の最近のブームが「シンカリオン

 

3歳のお誕生日プレゼントはずっと欲しいと言っていた「シンカリオン」でした。

今回は電車、新幹線好きの男の子なら絶対ハマる「シンカリオン」についてお伝えしようと思います。

 

プラレール変形ロボ「シンカリオン」とは?

www.youtube.com

「シンカリオン」は、一見プラレールの新幹線が変形しロボットになるというもの。

 

男の子が大好きな新幹線。

 

その新幹線のプラレールが、男の子の大好きなロボットに変身して、しかも正義のために戦っちゃうんですから、まぁ、ハマるわけですよね。笑

 

主題歌は山寺宏一さんが歌っており、迫力満点でとってもカッコイイです。

ちなみに一度聞くとしばらく頭から離れなくなりますよ。

家事しながら無意識に口ずさんでしまうほど・・・笑

 

息子はいつも「しんか!しんか!シンカリオーン!」と口ずさみながら、もらったシンカリオンで遊んでいます。笑

 

この「シンカリオン」がアニメ化し、2018年1月6日より毎週土曜日、朝7時からTBSで放送開始となります。

実際テレビでシンカリオンをみたら、もっとハマっておもちゃをねだられそうで怖いですが(笑)、親の私も放送日も今から楽しみにしています。

 

www.shinkalion.com

 

アニメの内容は?

「日本の夢と技術が詰まった新幹線を土台に作られたロボが、正体不明の巨大な敵に立ち向かい、日本の安全と日本の未来を守る」というストーリー。

男の子がハマる要素満載の内容となっています。

 

 

「シンカリオン」おもちゃのラインナップ

シンカリオンに登場するロボットがおもちゃとしてたくさんタカラトミーから発売されています。

 

新幹線で人気の「E5はやぶさ」、「E6こまち」、「E7かがやき」をはじめ、「700ひかりレールスター」、「N700Aのぞみ」、「800つばめ」、「N700みずほ」、「500こだま」、エヴァンゲリオンとコラボの「50 TYPE EVA」などなど。

 

JR東日本だけでなく、西日本や九州を走る新幹線まで勢揃い!

 

息子は、はやぶさか、こまちか、かがやきを欲しがるかなーと思っていたんですが、リクエストされたのは「シンカリオン こだま」でした。(なかなか渋いチョイス 笑)

 

思った以上に「シンカリオンこだま」、かっこよかったです!

 

▼シンカリオン「500こだま」のおもちゃレビュー▼

www.ayaslife.com

のちにリニューアル後のE5系はやぶさもGET

www.ayaslife.com

 

 

新幹線好きの男の子なら絶対喜ぶ「シンカリオン」

対象年齢は3歳以上となっていますが、対象年齢が3歳の割にしっかりとした作りで変形させるのがちょっと難しいかな〜と思いましたが、数時間ですぐに一人で遊べるようになりました。

 

「シンカリオン」オススメのポイント

  • 3歳でも扱いやすい
  • 他のシンカリオンと合体させて遊ぶことができる
  • プラレールとしても遊べる
  • 他の戦隊ヒーローは1年で終わってしまうが、シンカリオンはベースが新幹線なので変わらず長く遊べる

 

一番いいと思っている点は、完全に親の都合なんですが最後の点。

仮面ライダーやレンジャー系は、だいたい1年でリニューアルされますよね。

おもちゃがそのたびに変わるので、そのたびグッズやおもちゃをせがまれるのがツライ。笑

 

その点シンカリオンは、もとが新幹線なので決められた期間なく、プラレールとしても遊ぶことができるので、飽きずらくずっと遊べるところがオススメの点です。

なるべく長く遊んでもらえる方が親としても嬉しいですよね^^

 

まとめ

  • シンカリオンはプラレール変形型ロボット
  • アニメ化はTBSで2018年スタート
  • 3歳以降の男の子のプレゼントにオススメ!

 

乗り物、特に新幹線好きの子供なら絶対に喜ぶので、プレゼントにも最適です^^

息子のハマっている「シンカリオン」、子供に影響されて親の私もハマりそう。笑

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!