Ayaのまいにちこそだて

3歳と1歳の子育て中。子育て情報を中心に、いいと思ったこと、面白いと思った情報を気ままに更新するブログ。

妊娠中に猫を飼う時に気をつけるべき3つのコト!突然の猫アレルギーに注意

f:id:ayaa2811:20180108233156j:plain

こんにちは!Ayaです。

 

猫ブームで周りに猫を買い始める人が増えている今日この頃。

 

我が家にはノルウェージャンフォレストキャットという長毛種の猫がいます。

猫さんがやってきたのは妊娠が発覚した後。

 

飼うことになった理由は、猫大好き夫が勢いで買ってきてしまったから。

最初は勝手な夫の行動に激怒していた私でしたが、突然やってきた猫の可愛さにまんまと魅了され癒しの存在に・・・。

 

ちなみに私、「ペットを飼う」というのはこれが生まれて初めて。

妊娠中に猫を飼うことは良くないという話を耳にしていたのでもう不安だらけでした。

 

今回は、初めて猫を飼うことになった、しかも妊娠中の私が不安だったこと、妊婦が猫を飼う上で気をつけるべきポイント、猫を飼ってから起こったハプニングについて書いていこうと思います。

 

 

妊婦は猫を飼わないほうがいい?そう言われる理由

妊娠中に猫を飼ったことを知った私の祖母に「妊娠中は猫なんて飼うんじゃない!誰かに預かっててもらったほうがいい」と言われてしまいました。

妊婦は猫を飼わないほうがいいというのは耳にしたことがありました。

その理由は「トキソプラズマ」にあります。

 

トキソプラズマとは?危険性について

妊婦さんが猫を飼う上で注意しなければいけないのがトキソプラズマ。

妊娠初期の血液検査では、トキソプラズマについて項目がありますよね。

感染している猫の糞便中におり、トキソプラズマに妊娠初期の妊婦が感染すると、最悪流・死産を引き起こす可能性があります。

 

しかし、室内猫からトキソプラズマに感染するにはある3つの条件を満たした時なので確率的にはかなり低いと言えます。

  1. 猫が初感染、または再感染、発症している
  2. 感染した猫の約1週間以上経った糞便
  3. 24時間以上経った糞便が直接口に入った

この全ての条件が揃うことはなかなかないと思いますが、猫ちゃんのウンチは必ず24時間以内に片付け、念のため妊婦さんは手袋をした上で、その後よく手洗いするのがいいですね。

それでも心配なら妊娠初期だけでも猫トイレのお手入れは旦那さんに任せるなどすると安心ですね^^

 

うちの猫は長毛種で毛がフワッフワなのでお尻が汚れていることも多々・・・。

なので猫がトイレから出た後のお尻チェックと、汚れていた時用のウエットティッシュを常備してすぐに綺麗にするなどしていました。

 

妊娠中に猫を飼う時に気をつけるべき3つのコト

f:id:ayaa2811:20180108233753j:plain

妊娠中に猫を飼うことに気をつけるべき3つのポイントは

  • トキソプラズマ感染
  • 部屋のこまめなお掃除
  • 元々アレルギー体質かどうか

トキソプラズマ感染

上に書いたように飼い猫から直接トキソプラズマに感染する可能性は低いですが、念のための対策(トイレのお手入れは手袋、手洗い)はしてもいいと思います。

部屋のこまめなお掃除

猫を飼うとありとあらゆる場所で猫の毛が舞っています。

これから迎える赤ちゃんのためにも部屋のこまめなお掃除は必須。

換気や掃除機を丁寧にかけたりして部屋を綺麗に保つことが大事です。

空気清浄機があるとよりいいと思います♪

 

元々アレルギー体質かどうか

猫を飼ったら猫アレルギーになるのか?

正直こればっかりは飼って見ないとわかりません。

でも元々アレルギー体質だと猫アレルギーになる可能性は高いのではないかと感じました。

だってそれは私がなったから(゚∀゚)

もし今これから妊娠する可能性がある、または既に妊娠中であり猫を飼うか迷っているのであれば、自分がアレルギー体質か一度考慮して見たほうがいいかもしれません。

飼う前に一度検査して見るのが確実ですね^^;

 

突然なった!猫アレルギーに注意

f:id:ayaa2811:20180108234836j:plain

妊娠中は免疫力が落ち、体質も変わると言われていますよね。

私はつわりは軽い方で、妊婦生活を猫と呑気に過ごしていたのですがちょっと体調を崩して風邪をひいてしまった妊娠中期。

 

風邪は治ったはずなのに、酷い咳だけが長引き、呼吸をするとゼーゼーヒューヒューと喘鳴で息苦しく眠れない日も出てくるようになりました。

そして明らかに風邪の時は違う止まらないくしゃみと大量の水ような鼻水・・・。

 

時期的に花粉症かと思いアレルギー科のある病院で念のためアレルギー検査をしたところ猫アレルギーに星5つ★状態。

 

実際もちろん星じゃないですけど、、、かわいい猫との生活に終止符が打たれるんじゃないかとショックでした。

花粉などにも数値が出てましたが、「猫アレルギー」がダントツ数値が高い。

そして酷い咳の診断は軽いけれど「喘息

 

大人になってからは症状はありませんが、小さい頃アトピーだったので元々アレルギー体質なんでしょうね。

 

妊娠中の免疫力低下もあって悲しくも猫アレルギーを発症してしまったのでした。

幸い症状が軽かったので、酷いときだけ飲むアレルギー用のお薬と喘息の吸入薬を処方してもらって、猫と同居したまま出産を迎えました。

 

不思議なことに出産してからは、酷かったアレルギー性鼻炎と、喘息症状は落ち着き妊娠中に処方されたお薬を使うことなく今に至ります。

猫アレルギーは治った!!!ということにしています。笑

 

自分語りが長くなりましたが、、、妊娠中は免疫力低下・体質変化によって急に猫アレルギーになることもあり得ます。

特に元々アレルギー体質の妊婦さんは、部屋のお掃除、猫と触れ合った後は手を洗うなどできるだけ生活環境を清潔にすることを心がけたほうがいいかもしれません。

 

まとめ

これから妊娠する可能性がある方、既に妊娠している方が猫を飼うにあたって気をつけるべきポイントについてまとめて見ました。

妊娠中でも猫アレルギーであっても(私の場合はかなり軽めでしたが)猫は飼えます!猫ちゃんとの生活は可能です。

猫を飼って癒されて、私の妊婦生活は飼う前に比べて穏やかなものとなりました^^

f:id:ayaa2811:20180108232650j:plain

はあ〜・・・とかなんだか落ち込んでいる時、横でこんな状態でこっち見てる。

妊娠中たまにあった気分の落ち込みは、彼のおかげで乗り越えられました。笑

今猫を飼うか迷っている方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

www.ayaslife.com