Ayaのまいにちこそだて

3歳と2歳の子育て中。子育て情報を中心に、いいと思ったこと、面白いと思った情報を気ままに更新するブログ。

苦くない!失敗しない簡単美味しいオレンジピールの作り方

 

こんにちは!Ayaです。

 

前回ゆずピールについての記事を書きましたが、今回は美味しくできるオレンジピールの作り方と、オレンジピールを使って作れるものを紹介していきます♪

 

苦くない、失敗しない美味しいオレンジピールの作り方

オレンジがない場合は八朔で作って見てください♪

程よい苦味と柑橘の爽やかな香りの美味しいピールができちゃいます。

私が毎年作っているのはこちら▼▼

f:id:ayaa2811:20171227223405j:plain



友人にプレゼントする用でチョコレートをつけました♪

オレンジとチョコレートの相性はバツグンですよね( ´ ▽ ` )

 

それでは作っていきましょう。

用意するもの

  • オレンジ(または八朔)
  • 砂糖(使うオレンジ全量の60%〜80%)
  • グラニュー糖(まぶす用)

使うオレンジや八朔が無農薬でない場合、ワックスを落としてから使用することをおすすめします。

作り方

  1. 皮と身に分け、皮を4分割くらいに切りたっぷりの水につけ半日おく
  2. 水でふやけた白い部分をスプーンで取り除く
  3. 皮をすすぎ、鍋に皮とたっぷりの水に入れて火にかける
  4. 沸騰してから5分〜10分煮立たせ、お湯を捨てる。
  5. 皮に白い部分が残って入ればスプーンでとり水ですすぐ
  6. ④と⑤を2回くりかえす
  7. 皮を細長く切り、鍋に水、砂糖を加え中火〜弱火でじっくり煮る
  8. 水がなくなるまで焦がさないように煮る
  9. クッキングシートに並べ、半日〜1日乾燥させる
  10. ちょっとベタつくくらいの状態で、グラニュー糖をまぶしたら出来上がり♪

オレンジピールは大人向けかな〜と思っていましたが、しっかり白い部分を取り除くと苦味が全然ないので、子供達は手作りオレンジピールが大好きです^^

 

ある程度苦味が欲しい人は、ちょっと白いところを残して、最後煮るときにブランデーを少し入れると大人なオレンジピールに仕上がります♪

 

f:id:ayaa2811:20171227223453j:plain

あると便利なフードドライヤー

乾燥させるのに我が家ではフードドライヤーを使ってます。

乾燥時間を短縮できて、ドライフードも作れるのであるととっても便利です♪ 

余った身はオレンジゼリーにして子供のおやつに

余った身は、そのまま食べたりジャムにするものいいですが、ゼリーにするのも美味しく食べられておすすめです♪

4個〜5個オレンジを使用すると結構な身の量になるので、我が家では子供とゼリーを作ります。

ゼリーであれば、水とある程度細かくした身に、ゼラチンや寒天を、混ぜて固めるだけなので、子供と一緒に作ることができて楽しいです^^

f:id:ayaa2811:20171227223329j:plain

手作りオレンジピールの保存方法

常温で保存しておくと、湿度や温度によってカビが生えてしまうので、煮沸消毒したガラス瓶やタッパーに入れて必ず冷蔵庫に入れるようにしてください。

冷凍保存であれば、数ヶ月持ちます。

 

冷凍保存しておいたオレンジピールは、そのまま食べても美味しいですし、お菓子づくりやパン作りにも使えるのでとっても便利です。

オレンジピールを使って作れるもの

オレンジピールを使うと美味しいものはパウンドケーキやクッキー、パンなど。

私は、紅茶のパウンドケーキに混ぜたり、ココアクッキーに入れてみましたが、柑橘の爽やかな香りが加わりとっってもおいしかったです。

f:id:ayaa2811:20171227223236j:plain

こうやって一気に色々作って組み合わせれば、一つの手土産セットができちゃいます。

 

まとめ

皮を砂糖で煮詰める段階まで行くのに、何度も水から似たりと手間はかかりますが、この工程をしっかりやれば、必ず美味しくて、透き通ったきれいなピールができます。

果物の皮にも栄養がたくさんあるので捨てるのは勿体無い!

ぜひ一度作ってみてください♪

 

 ▼簡単で可愛く作れるお菓子のレシピはこちら▼