Ayaのまいにちこそだて

3歳と2歳の子育て中。子育て情報を中心に、いいと思ったこと、面白いと思った情報を気ままに更新するブログ。

授乳中の産後ダイエット|痩せない原因と成功させる食事のコツ!

 

f:id:ayaa2811:20180915110301j:plain

産後の悩みの1つとして、増えてしまった体重を落とすことがあげられますよね。

母乳で育てているママは、一度は聞いたことがあるであろう母乳ダイエット。

 

今回は、授乳中でもできる安心のダイエット方法と、母乳ダイエット成功への食事の取り方のコツについて紹介していきます。

 

 

母乳育児で本当に痩せるのか

母乳ダイエットという言葉がありますが、本当に母乳で痩せるのか。

私の経験からの答えは「食生活さえ気をつければ痩せます!

私は妊娠中12キロ太り、産後1年で17キロ痩せることができました。

▶︎−17kg減!産後ダイエットのコツと私の体験談

 

骨盤矯正に行ったり、適度な運動を取り入れたりもしましたが、結果に一番響いたのは日々の食生活だと思っています。

 

母乳育児なのに全然痩せない!原因は?

f:id:ayaa2811:20180915002018j:plain

母乳育児は、普通にダイエットするのに比べ簡単に痩せると言われていますが、なかなか痩せないと悩んでいる人も。

母乳ダイエットで痩せない原因と考えられるのは以下

  • 食べ過ぎ
  • 代謝が落ちている
  • 骨盤の歪み 等

食べ過ぎ

授乳はとにかく喉は渇くしお腹がすく。

ここでハイカロリーなものを食べてしまったり、甘い飲み物を取りすぎてしまうと痩せないどころか太ってしまいます。

ついつい食べたくなってしまうかもしれませんが、菓子パンや洋菓子、ジャンクフード、スナック菓子はなるべく控えるようにしましょう。

 

代謝が落ちている

妊娠・出産で筋力が落ち、産後は代謝が落ちて体重が減りにくくなっています。

運動不足気味で元々筋力がないと自覚のある人は、毎日の日課にストレッチや運動を取り入れて代謝アップを目指しましょう。

 

骨盤の歪み

骨盤の歪みは、体重が落ちにくくなる原因の1つ。

赤ちゃん連れでも行ける整体もたくさんあるので一度行ってみるといいかもしれません^^

私は産後整体に行ってからすぐに2キロ落ち、履けなかったズボンが履けるようになったので産後整体とってもおすすめです^^

⇒近くの産後整体を探してみる

 

 

授乳中の産後ダイエット!成功のための食事のコツ

  • 和食中心の食事を心がける
  • 1日の食事を4〜5回に分ける
  • カロリーの高い飲み物に気をつける 

 

和食中心の食事を心がける

授乳中のダイエットを成功させるために一番大切なポイントが食事。

和食は栄養価が高く、それなのに低カロリーなのでダイエットに最適です。

 

高カロリーな甘いものや脂っこいものを食べると痩せないだけでなく、乳腺炎になってしまう原因にもなります。

もしもどうしても甘いものが食べたくなったら、チョコレートやケーキなどは避け、和菓子を選ぶようにしましょう^^

 

授乳中のダイエットにオススメの食べ物

授乳中は、新鮮な野菜、良質なタンパク質、食物繊維を摂ることが大切。

食物繊維を摂ることは授乳中の便秘予防にもなります。

食材の工夫としては以下、

  • 白米⇒玄米や麦飯、十穀米
  • パスタ⇒うどん
  • ドレッシング⇒ポン酢、ノンオイルドレッシング
  • 鳥モモ肉⇒ムネ肉、ササミ
  • 豚肉・牛肉⇒赤身肉をチョイス
  • ケーキ⇒ナッツ、和菓子、フルーツ

など、食事の内容を工夫してとることが大切です^^

 

授乳中のダイエット控えるべき食べ物

f:id:ayaa2811:20180915110453j:plain

ラーメン、丼もの、揚げ物、ジャンクフードなど高カロリーで塩分の高いもの

ケーキや菓子パン、甘い飲料など糖分の高いもの。

 

このようなものは痩せないどころか太る原因にもなり、乳腺炎になる原因でもあります。

良質な母乳を赤ちゃんにあげるためにこう行ったものをたくさん食べるのは控えましょう。

 

食生活の改善は乳腺炎予防にも◎!

授乳中の食生活を和食中心するなど、食事内容を気をつけることは乳腺炎の予防にもなります。

私が食事内容を特に気にするようになったのは、産後すぐになってしまった乳腺炎がきっかけ。

乳腺炎に食べ物は関係ないという方もいますが、私はケーキや油っこいものを食べたあと必ず乳腺炎になったんです。

いい食事でいい母乳を赤ちゃんに飲んでもらいましょう^^

 

少量を複数回に分けて食べる

 母乳育児をしているとすごくお腹が空くんですよね。

1日3回しっかり栄養価の高い食事をとっていてもお腹が空いてしまう。

そこで間食をたくさんしてしまうと痩せない、むしろ太ってしまう原因になります。

 

間食の食べ過ぎがある方は、少量の食事を1日4〜5回に分けて食べると行った食事法がおすすめです!

私はとにかくお腹が空いて辛かったので、ちょこちょこ食べで間食の食べ過ぎを防ぎました^^

 

 

カロリーの高い飲み物に注意

母乳育児は空腹だけでなく、喉もすごく乾きます。

意識的に水分を取るようにしなければなりませんが、そこでつい甘い飲み物を飲んでしまうと知らず知らず高カロリーをとっていることに・・・。

 

授乳中は砂糖がたくさん入っているような甘いドリンクをは避けましょう。

母乳ダイエット成功のためにオススメの飲み物は以下

ノンカフェインで低カロリーな飲み物を飲むように心がけることが大切です。

 私は炭酸水と酵素ドリンクを飲んで、空腹を紛らわしていました。

酵素ドリンクはたくさん種類があるので迷いましたが、選んだのは優光泉(ゆうこうせん) というもの。

f:id:ayaa2811:20180915114037j:plain

妊娠中に読んでいた雑誌にのっているのをみて気になって調べてみたところ、口コミ評価がよく、

  • 添加物なし
  • 酵素濃度100%
  • 生産地がしっかり記載されている

という点が、授乳中でも安心して飲めると思い試してみました。

こういった健康系の飲み物に最初は抵抗があった私・・・。

ですが、飲み始めてみると、思っていたよりずっと飲みやすく、甘いものが飲みたくなったときに飲んだり、朝食の主食に代わりにしたりできたのでとっても良かったです^^

独特な香りがありますが、飲んでみるとシロップのように甘いので炭酸で割って飲むのがおすすめです! 

⇒酵素ドリンク優光泉(ゆうこうせん)をみてみる

 

まとめ 

授乳中のダイエットで一番大切なことはしっかり栄養をとることです!

赤ちゃんに良質な母乳をあげるためにも、食事を抜くなど極端なダイエットはしないこと。

食事の内容の質を高めて、適度な運動を入れて産後ダイエットを成功させましょう^^!