Ayaのまいにちこそだて

3歳と2歳の子育て中。子育て情報を中心に、いいと思ったこと、面白いと思った情報を気ままに更新するブログ。

1歳3ヶ月ついに始まったイヤイヤ期。泣き止ませるのに実際効果のあった方法

 

f:id:ayaa2811:20171008015145j:plain

こんにちは、Ayaです。

現在1歳3ヶ月の娘。ついに最近「かんしゃく泣き」が始まりました。

イヤイヤ期序章スタートです。。

そして、2歳11ヶ月の息子は「かんしゃく泣きのピーク」を迎えています。

ひどい時は二人仲良く同じタイミングで大泣き。

今日はかんしゃく泣きについて、泣き止ませる方法などを書いていこうと思います。

 

 「かんしゃく泣き」とは?

だいたい1歳半すぎくらいから始まると言われている「かんしゃく泣き」

自我が芽生えてきて、自分の意思を伝えたいのに伝わらない、思うようにならないとかんしゃくを起こして泣くようになります。

2歳をすぎると自分でやりたいのにうまくいかない、物事が思い通りにできないと泣くようになります。

 

我が家の場合、娘の方が自己主張が強く、

思うようにならないと毎回泣きます。

いちいち泣きます。

地面にうつぶせになって動かなくなります。

チラ見しながら目が合うと再び泣きます。笑

 

必死な姿がかわいいと思いつつも、余裕のない時はイライラしてしまうことも・・・(反省)

家の中ではまだしも、外出中に全力でギャーギャー激しく泣き始めてしまうとこちらもどうしていいか困ってしまいます。

 

 これで泣き止む?!泣き止ませる方法

では私が実践して効果のあった泣き止ませる方法についてお伝えしようと思います。

 1歳代の「かんしゃく泣き」に効果のあった方法

言葉をまだ話せない1歳代の赤ちゃんは、伝えたいのに伝わらない、自分の意思が通らないと泣き始めます。

 代弁する

「こうしたい」という思いが伝えられなくて泣いているので「こうしたいんだよね?」「あれが欲しかったんだよね?」と気持ちを代弁するようにしたところ、ピタッと泣き止むようになりました。

ただ、何がしたいのか、何を伝えたいのかなかなかわからない時は大変ですが(笑)これは一番効果がありました。

  言葉で言い聞かせる

自分で言葉で伝えられないだけで、こちらの言っていることは結構理解してるんですよね。

なので、そんなに激しく泣いていない時には冷静に言葉で言い聞かせることをしています。こちらの話を聞いてくれそうな時はとても効果がありました。

 

 2歳代の「かんしゃく泣き」に効果のあった方法

何かをしたいのにうまくできない時(自分で靴を履きたいのにうまく履けない等)や、自分の思い通りにできない(おもちゃを買って欲しいのに買ってもらえない等)時に泣くことが多い2歳代。

 言葉で言い聞かせる+アシスト

なにかができなくて泣いている時は、できるまでのプロセスを言葉で教えてあげて最後まで一人でできるようにアシストします。そして最後は思いっきり褒める。

なにかが欲しいけど手に入らなくて泣く時は、「なぜいまそれが欲しいのか」を聞いてこちらも「それを買わない理由」をしっかり伝えます。

 

最初はそれでも泣くかもしれませんが、それを重ねていくうちにちゃんと理解するようになり最近はほとんど泣かなくなりました。

 

一番避けたいのは「泣けば思い通りになる」とインプットされてしまうこと

これを避けるためにも、たとえ泣いてもしっかり言葉で言い聞かせることが大事だと思っています。

 

 大げさに褒める

単純にいちいち大げさに褒めます

ここで大事なのはわざとらしくならないこと。子供は敏感なので嘘はバレます。笑

なの心からオーバーに褒め讃えます。笑

なにかがうまくできなくて泣く時は、とても効果がありました。

 

泣きやむだけではなく褒められたことで子供に自信がつき、できることが更に増えるので、褒めるということは良いことづくしだなと感じています。

 

「かんしゃく泣き」いつまで続く? 

早いと1歳すぎからはじまり、2歳代でピークを迎え、3歳代になるとおさまるというわれています。

息子はもう少しで3歳になりますが、全くなくなるまではまだかかりそう・・・

気楽に息子と向き合って頑張っていこうと思います。

 

 まとめ

何歳代においても一番大事で効果があると感じたのは

  • 言葉で伝えること
  • 褒めること

親が心がけておきたいことは

  • 冷静であること
  • 子供の成長のあかしだと心に余裕を持つこと

つい激しく泣かれてしまうと、どうしたらいいのかわからなくて途方にくれたり時にはイライラしてしまいますが、イヤイヤ期、かんしゃく泣きは子供の成長のあかしであることを忘れてはいけないと思いました。

 

言葉で伝えることも、褒めることも、冷静でいなければできないことです。

冷静でいるには余裕がないとできません。

 

休みなく育児をしていると心の余裕がなくなることが多いのですが、イヤイヤ期は一生続くものではないのでこの「かんしゃく泣き」も微笑ましくみていられる母親になれるよう(あぁ理想)、うまくリフレッシュしながら子育てをしていきたいものです。

 

 

子育てに疲れたらやってみてほしい方法↓↓

www.ayaslife.com

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!