Ayaのまいにちこそだて

3歳と2歳の子育て中。子育て情報を中心に、いいと思ったこと、面白いと思った情報を気ままに更新するブログ。

陣痛が全然来ない!私が促進のためにやったこと〜恐怖の内診グリグリが決め手?!

スポンサーリンク

 

f:id:ayaa2811:20180110235019j:plain

こんにちは!Ayaです。

 

臨月に入ってからの悩みとして

  • 胃とおなかが苦しい
  • 早く産みたいのになかなか陣痛が来ない
  • 予定日・予定日超えても陣痛が来る気配がない
  • なかなか陣痛が進まない

といった悩みが挙げられます。

 

私も2度の出産両方とも、予定日になっても陣痛が来なくて焦ったり、色々試した思い出があります。

今回は、思いに反して陣痛が起こらなかったときに私がやったこと、陣痛が始まったきっかけについてまとめてみました。

 

もう予定日なのに陣痛が来る気配がない(40w〜

臨月に入って、大きなおなかが苦しく、夜もぐっすり眠れない日々。

もう陣痛いくら痛くても耐えるから今すぐ産みたい!!そんな毎日でした。

 

 一人目の時も二人目の時も、臨月入ってから予定日その日まで「陣痛こないかなー」とつぶやいていました。

陣痛どころか、おしるしさえ来ない、産まれてくる気配がない。

 

赤ちゃんはいつも通り元気に蹴りまくってくれてます。

思い切り足を延ばすから、脇腹からかかとの先がポコっと飛び出てて痛い。笑

 

陣痛が早くきて欲しいと願っていた私は、陣痛を起こす・促進させるのに効果があると言われていることを時間がある限りやっていました。

 

私が陣痛を起こすため・陣痛促進のためにやったこと!

f:id:ayaa2811:20180110235656j:plain

  • スクワット&あぐら
  • 昇降運動をする
  • 足湯とひじ湯で身体を温める
  • ラズベリーリーフティーを飲む
  • オロナミンCを飲む
  • お腹に話しかける

スクワット&あぐら

座るときはあぐらで、気が向いたらスクワット、寝る前には必ずスクワット30回やる生活を続けました。

私の場合それでも陣痛はきませんでしたが、体力がつくのでやって損はありません。

出産も産後も体力勝負、、スクワットはおすすめです。

 

昇降運動をする

これもスクワットと同様、時間があるときは階段を使ってやっていました。

スクワット30回、昇降運動100回といった感じでしょうか。

日頃運動不足の私は、臨月入って筋肉痛という間抜けな結果となったのでやりすぎ注意です。笑

昇降運動をする時は、バランスを崩して転んでしまうことがないようにくれぐれも気をつけて安全な場所でやってくださいね^^

 

足湯とひじ湯で身体を温める

妊婦さんに冷えは禁物です。

身体が冷えていると、陣痛が始まってもだんだん弱くなってしまって出産が長引いてしまうことも。 

もともと冷え性の私は、季節も寒くなってきた頃だったので足湯をよくしていました。

あまり知られていませんが「ひじ湯」も身体がポカポカしてきてリラックスできるので妊婦さんにおすすめです。

www.ayaslife.com

足湯と肘湯は、陣痛が始まってからも少しやりましたが身体が温まって陣痛促進に効果抜群でした。

 

ラズベリーリーフティーを飲む

安産効果が期待でき、子宮収縮作用や、陣痛緩和などの効果もあると言われているラズベリーリーフティー。

母乳の出が良くなるとも言われており、産後もしばらく飲んでいました。

とっても飲みやすくリラックスできるのでおすすめです。

私が飲んでいたのはヨギティーとクリッパーのラズベリーリーフティーです。

 

オロナミンCを飲む

オロナミンCを飲むと陣痛が来るとかいうの有名ですよね?笑

これで陣痛くるぞ!(ワクワク)と思いながら飲みましたが私には効果なしでした。

 

お腹に話しかける

やれることやり尽くしたので直談判です。

「おーい!もう出てきていいよー」とか

「いつ出て来るの?今日おいでよー」とか

「今何してる?早く会いたいよー」とか

「もう準備できてるから出てきておくれよぉぉ」とかとか。

 

母親に笑われながら、真剣に赤ちゃんに直接訴えてました。

 

それでもお腹の中の赤ちゃんは、いつも通り私の脇腹を蹴りまくりまぁ元気なこと元気なこと。

生まれて来る気配はなく、予定日を過ぎたのでした。

 

 

陣痛きた!きっかけは恐怖の内診グリグリ

f:id:ayaa2811:20171031203952j:plain

待ちに待った陣痛がきた。決め手は

 

「内診グリグリ

 

妊婦さん向け雑誌を読んだことがあれば一度は見たことがあるであろう内診子宮口グリグリ。

内診グリグリの正式名は「卵膜剥離

赤ちゃんを包んでいる卵膜を意図的に剥がして刺激を与える、陣痛を促すのです。

 

体験談は「めちゃくちゃ痛かった」「具合悪くなった」「泣いた」「呻いた」などなど恐怖を煽る体験談ばかりで、絶対これは避けたいと思っていた私。

 

しかし予定日を過ぎ、診察を受けに行ったところ先生に

「今日はちょっと刺激しとくね〜ちょっと我慢してね〜^^」と言われ、涙目になりながらも子宮グリグリやられました。

 

感想としては、「具合悪くなるけど以外と平気」でした。w

陣痛の方がはるかに痛いです。笑

 

結果、内診グリグリされて家に帰された直後から陣痛が起こり翌日無事出産しました。

ちなみに上の子の時だけでなく、下の子の時も子宮グリグリからの陣痛・出産でした。

内診グリグリ・・・効果抜群です。

 

 

 陣痛待ちでイライラ!どう解消する?

周りの何気ない言葉や、寝苦しい毎日にイライラしてしまうことも。

そんな時のストレス解消法について書いてます▼▼

www.ayaslife.com

 

まとめ

f:id:ayaa2811:20180110235100j:plain

陣痛・出産は怖いけど、陣痛がこなきゃこないで不安なんですよね。

陣痛は赤ちゃんが出たいと思ったタイミングで起こるとも言われていますが、色々陣痛を起こそうとやってみてもなかなかこなかった経験から、その通りだなと思いました。

 

生まれた瞬間から今度は、寝不足続きのてんやわんやな育児が始まります。笑

陣痛こないと思っていても、のんびりしてたら急に陣痛が始まったり、私のように「内診グリグリ」によってあっさり陣痛が来るかもしれません。

 

臨月入って残り少ないマタニティライフ、陣痛がこないと焦らず、ゆったりとした気分で待つことが大切なことと思います^^